の夜に活動する正体不明の生き物たちの声を紹介

10月26日 ニホンジカ ラッティングコール(長野県白馬村)

動画が表示されていない場合はFlash Playerをインストールしてください

録音データ

場所:長野県白馬村北城

標高:860m

環境:コナラ、コシアブラなどの広葉樹林。

設置:林地内窪み部分。

時間:未明4時15分ごろ。(日の出は6時4分ごろ)

コメント:この録音データによって、長野県北部にもいよいよニホンジカが進出してきたことを知った。日中、付近を観察して回ったが、その気配を知るよしも無かった。まして食痕にも気付かなかった。録音データを再生し、思わぬ声の収録に衝撃を受けた。本機の設置は集落から少し離れた山中だが、もうひとつ、集落外縁に別方向に向けて置いた機材にも、遠くかすかにニホンジカのラッティングコールが収録されていた。本サイトは具体的地名を明かさない主義だが、記録の意味をかんがみて特別に記すことにした。白馬村は里から高山まで多様な自然を見せてくれる地だ。マイフィールド栃木県日光市は、シカの極端な増加によって植生が荒廃し、生物相が単調になってしまっている。白馬村もそういった状況にならないことを願う。バイノーラル録音。