の夜に活動する正体不明の生き物たちの声を紹介

11月9日 ニホンザル?

動画が表示されていない場合はFlash Playerをインストールしてください

録音データ

場所:栃木県北西部

標高:約750m

環境:ヒノキ植林地とコナラなどの広葉樹の疎林の境。

設置:ヒノキ植林地の斜面に向けて。

時間:3時5分ころ。

コメント:この前後1週間くらい、夜にこのような声がするときがあった。ガガガッという声は、ニホンザルがヒトなどを威嚇するときに出す声に似ている。それに呼応するようなキュアという声もニホンザルの声のような気がする。鳴き声は10分以上続いていて、場所が移動している。斜面の石が転がる音、樹上の枝が揺れる音などもしている。この付近で夜間に録音をすると、ニホンザルの声と思われる音がたびたび収録される。ニホンザルは昼行性とされているようだが、完全な昼行性ではなく、夜間も活動しているようだ。そもそも、オオルリアオゲラなどの声が夜間に録音されることもあるように、昼行性の生き物がまったく夜間に身動きもせず鳴き声も出さないなどということはありえない。それは人間の思い込みにすぎないといえるだろう。SONY PCM-D100で録音。