の夜に活動する正体不明の生き物たちの声を紹介

5月24日 イカルチドリとカジカガエル

動画が表示されていない場合はFlash Playerをインストールしてください

録音データ

場所:栃木県北部

標高:約160m

環境:河川中流域

設置:石河原のすみにできた湧水流のそば

時間:20時10分ごろ

コメント:イカルチドリは河原の上を鳴きながら飛び回る習性がある。なわばり宣言か、天敵への警戒、偵察のためのようだ。その声は夜間も収録される。こういう鳥は昼行性だとばかり思っていた。実際は、いつ寝ているのだろうと不思議に思うくらい、昼夜関係なく鳴いている。河原という開けた環境に営巣するゆえ、ヘビの仲間、獣の仲間、タカやカラスの仲間などのさまざまな天敵にも見つかりやすく、警戒態勢を解く余裕はないのだろう。それに対し、カジカガエルはいざとなれば水中の石の下などにすばやく身を隠すすべを知っている。両者の鳴く意味は、それぞれ異なるのかもしれない。

機材:ソニー PCM-D50 + ローランド CS-10EM(バイノーラル・マイク)